about

総裁挨拶

世界開発協力機構 総裁 半田晴久  世界開発協力機構では、国際協力が必要な状況でありながら、日本の官公庁の手が届かない分野に、民間の立場でできるさまざまな活動を進めています。

 たとえば、ASEANでは、アジア最貧国のカンボジアやラオスにおいて、現地政府と協力しながら、福祉や衛生、教育、経済、国際対話の支援など、多岐にわたる活動をしています。

 また、日本、アジア、米国、ヨーロッパのシンクタンクと協力して、外交や国際問題に関し、国益や公益にもとづく提言を行っています。

 今後も、国際的な弱者救済と人道的立場に立った支援、そして、国内外のさまざまな問題に、民間の立場から取り組んでいく所存です。

 しかし、それらは全て文化の創造であり、人間社会をクリエイティブに改良し、改善する人に人類愛の芸術であるべきです。そんな、明るくて前向きで、知的で熱い気持ちをもつ、創造力にあふれる同志が結集し、この組織を作りました。

 今までの活動も、今後の活動も、これらの同志と支援者の協力なくしては、とうていあり得ないものです。多くの方々の、一層のご理解と、ご支援をお願いする次第です。